アウトソーシングはいかが

電卓

委託による企業のメリット

みなさんの会社では、年末調整の事務は社内で行われているでしょうか。毎年毎年、ただでさえ業務が集中する年末におこなう年末調整にかかわる一連の作業は、大変ボリュームの大きな仕事です。そんな年末調整事務の税理士へのアウトソーシングを考えてみてはいかがでしょうか。税理士にアウトソーシングするメリットは、なんといっても確実で間違いのない申告ができることです。年末調整の業務を遂行する過程では、たくさんの項目に対するチェックと、いくつもの計算が行われます。その一つ一つにミスが発生しないように業務を遂行するには大変な集中力が必要ですし、いくら慎重に行ってもミスが起こってしまうことは十分あり得ます。その上、年末調整に関する事務は毎年頻繁に行われる法改正等により処理方法が前年とは少しづつ異なっていくこともあり間違いが起きやすいのです。その点、税務の専門家である税理士による処理は正確で信頼のおけるものです。また、税理士への委託料は一見高いようにも思えるのですが、事務担当者が年末調整業務に携わっている実作業時間数をカウントしてみるとかなりの時間を割いていることがわかり、手間と比べると一概に高いとも言えないのです。年末の忙しい時期に、事務担当者が他に行わなければならない業務を十分に行う時間を確保できることは企業にとっても大きなメリットだといえます。現在、年末調整代行業務をメインに行っている税理士事務所も多くあります。年末調整業務のアウトソーシングは企業側にとってのメリットも多いため、あなたの会社でも一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 年末調整は税理士に依頼【プロに任せて仕事の効率化を目指そう】 All Rights Reserved.